PET検査とは何?がん検診の中でも早期発見に役立つ!

PET検査と私

PET検査とは何?がん検診の中でも早期発見に役立つ!

がん治療には早期発見が重要になります。しかし、腫瘍などの変化があって気がつくことも多く、治療が遅れることもあります。

PET検査は、検査薬を点滴で体内に入れることでがん細胞に目印をつけることが出来る検査です。小さい細胞でも見つけることが出来るので、早期発見に役立つと注目されています。PET検査だけでは不十分な部分がありますが、CTや超音波検査などと一緒に検診を行うことで、発見の精度をあげることができます。

  1. TOP > 

PET検査とは

がんを早期発見できるPET検査について

がんを早期発見できるPET検査について

日本人の死亡率のトップである悪性腫瘍は、早期発見して、治療を開始すれば…

PET検査の特徴と検査薬について

PET検査の特徴と検査薬について

PET検査とは陽電子放出断層撮影法のことであり、体内の細胞の働きを断層…

PET検査はブドウ糖を注射してがん検査

PET検査はブドウ糖を注射してがん検査

PET検査とは、特殊な検査薬を注入して全身にがんがあるかないか調べる検…

PET検査とレントゲン検査の特徴と違い

PET検査とレントゲン検査の特徴と違い

PET検査は、がん細胞を初期の段階でも見つけ出すことができるすぐれた方…

PET検査のメリットについて

PET検査のメリットについて

最新のがん検査として注目されて、受診者が増加傾向にあるPET検査には、…

PET検査の利用について

PET検査の利用について

PET検査とは

PET検査の利用について

Copyright © 2015 PET検査と私 All rights reserved.